ふさふさ髪に憧れるブログ

髪は一生の宝もの。美しくありたいものです。

職場で観察した抜け毛と働き方の関係

35歳の既婚の男性サラリーマン(営業)です。

 

30歳を目前に控えた時期に、枕に付着した抜け毛の量が
おどろくほど増えたのを機に
育毛を意識するようになりました。

会社の同年代にも薄毛が目立つ人が多くなり、
自分もいよいよ来たかと打ち震えたのを今でも覚えています。

その日以降、私が起こした行動は
「職場の薄毛の同僚を良く観察し、リサーチを行う」と
いうことでした。

 

f:id:action77:20200128151923j:plain

 

職場の薄毛の同僚を良く観察し、リサーチを行うことにした

私の部署は世で言うブラック企業に該当するであろう
働き方を強いられている人が多いのです。

 

くわしく言えば、
週6で日付が変わる直前まで働き、
たまの休みは死ぬほど眠るだけという生活でした。

 

とはいえ、100人以上同じ状況下で働いているにも関わらず、
薄毛なのはせいぜい2~3割程度。

 

年齢層のバラツキはあるものの、
もっと過酷な営業活動をしてきた諸先輩方をみても、
髪の毛の生残率はそれぞれ異なっています。

 

元々、人間観察や人と話すことが好きだった私は、
そんな千差万別の職場の人々を見たり話を聞いたりして、
以下の結論に至りました。

 

 

 

①性格的に内向的で受け身な人は危ない

大人しくて、一方的に相手の言い分を聞いてしまう人は
薄毛が多い傾向にありました。

 

その中でも、仕事に一生懸命で真面目な人
(物事をサラリと受け流すことが苦手な人)は
顕著な印象でした。

 

逆に大人しくても、人の話を聞き流して、
仕事に一生懸命ではない人は
薄毛の被害にあっていないような気がしました。

 


②私生活がグチャグチャな人も危ない

一方、性格にかかわらず、私生活をかえりみず
仕事にまい進している人も薄毛の傾向があるようでした。

この人、いつ家に帰っているんだろう、
見るからに顔色ヤバイよね、

という働き方を続けている人は、
かなり薄毛の世界に近づいているようです。

 

リサーチの結果、自分はどうしたか

上記の薄毛と働き方の考察から、
私自身もこのままの調子で働いていたら、薄毛になるばかりだと
いう結論にいたりました。

そして、ハゲて死ぬくらいだったら出世しなくてもいい。
クビにならない程度に働いて、
クビになったら、また仕事探そうスタイルに変えることにしました。

 

その結果、極端に仕事が楽になったわけでもありませんでしたが、
平日も人間らしい生活リズムに近づけ、
休日も好きな事に時間を使う余裕も出来たことが功を奏したのか、
35歳になった現在もまだ薄毛になる気配はありません。


これは、働き方の見直しによって、
精神的にも肉体的にも負荷が軽減され、
頭髪にも良い効果があったのではと感じています。

 ・・・でも、出世はしないでしょうね。